シュロ産卵床作成

メダカ達の産卵が安定してきたので、
シュロで産卵床を作成しました。
今回、産卵床を作るのは3年振り。

ピークの頃は、毎年作成してましたが、
一昨年は、メダカ飼育を止めるつもりだったので、1度も使用せず…
昨年は、天日干しして保管していたものを使用したんです。

でもね…これ間違いないと思うんですが、
中古のシュロは、産み付ける卵が少ないです。
水に長い事浸けてると、嫌な匂いがしだしますよね?
理由はわかりませんが…(;゜∇゜)

もし、昨年使用したシュロで採卵率が悪い方!
新品をお試しください。
それでもダメな時は、容器そのままで、
親を別容器に移し、稚魚の誕生を待ちましょう!

シュロ産卵床を自作してみたい方は、
参考にしてみてください。
e0176785_21182158.jpg

シュロを用意します。
アクヌキは、特に必要ない気はしますが、気になるようなら行ってください。
一番確実なのは煮沸ですね。

e0176785_21202978.jpg

後は適当な大きさにカットして、
丸めてインシュロックで縛ります。
この時、ラッパ状にするのが、みそです。
メダカの多くは、一番奥の穴径の小さい所に卵を産み付けてます。

あまり極端に穴径を小さくしてると、
頭が抜けなくなったメダカが中で★に…
なんて、事故もあるので、気をつけてくださいね。

e0176785_21244923.jpg

早速選りすぐりの種親容器に投入!

気温も上がって、メダカ熱も上がって来ました!!Σ( ̄□ ̄)
[PR]

by to4348_shiya5 | 2014-05-25 21:05 | めだか飼育